知りたがり

知りたがり.COM~気になる話題、チェックしてみた!

立春とは?立春に食べるものや立春大吉などの縁起もの。

スポンサード リンク


立春は、二十四節気の第一ですね。

二十四節気は美しい言葉で
1年を表現しています。

節分は立春の前日です。

節分はそもそもは「季節の分かれ目」の意味を持ちます。

立春、立夏、立秋、立冬の前日が
かつてはすべて「節分」でした。

ようするに春の始まりを意味するのが「立春」です。

ちなみに二十四節気は
太陽の角度によって定められています。

立春は太陽黄経が315度です。

角度で決まるのですから
毎年同じ日とは限らないのです。

2014年と2015年の二十四節気の日付一覧と二十四節気の読み方

 

立春は一番寒い時期です。

「立春とは名ばかりで、春まだ 浅く寒さ厳しい折」
という時候の挨拶を聞いたことありますね。

これは立春が過ぎ、暦の上では春なのに
まだまだ寒いということです。

けど、実は「立春」は寒いんです。

太陽黄経が315度ですから
昔から温度もさほど変わっていないそうです。

「立春」以降に「春の気が立つ」
ということだそうで

「立春は寒さのピークなので一番寒く
これ以降からだんだん暖かくなっていく。」
が正しいのだそうです。

 

立春の食べ物、飲み物と習慣。

立春にいただくものとして
全国で統一して習慣化しているものはありませんが
立春は春が始まる縁起の良い日です。

ゲン担ぎも兼ねて、生活に取り入れてみると
心もきゅっと引き締まるかもしれません。

立春開運財布

立春に買ったり、使い始める財布を
立春財布というそうです。

春という言葉から張る財布ということで
お札がパンパンに入っている財布になるという
語呂合わせもあるみたいですね。




金運をあげたいならば
お財布をこの機会に変えてみるのも
良いかもしれませんね。

立春大吉の札

立春で一番有名ですね。
禅寺の門前に張り出されるお札です。

左右対称の4文字によって
厄除けになるとも言われています。

立春は1年のはじまりですから
「今年一年大吉でありますように」
との意味もあるそうです。

お寺や神社でいただいてくるのもよし
自分で書くのも良いそうです。

立春朝搾り

立春の日の朝に搾った作り立ての日本酒を
「立春朝搾り」といいます。

新たな年の始まりを祝うお酒は
その言葉だけでも縁起がよさそうです。

実は「立春朝搾り」は10年くらいの
歴史だそうで、まだまだ浸透していませんが

お酒が好きな人は毎年の立春の行事で
楽しみにしてみたらいかがでしょうか。

通販でも予約できますので気に入ったチェックしてみてください。

立春たまご

これもあまり知られていないのですが
立春の日に生まれた卵の縁起たまごです。

立春たまごは平面に立つ!と言われているそうです^^

 
この立春たまごは山田養蜂場のものです。
口コミで今や、立春たまごを求めて
行列ができるのだそう。

せっかくいただくのでしたら
新鮮なうちにいただいて厄を払いたいですね。

朝生菓子

朝に作りその日に食べる
上等な生菓子のことを「朝生菓子」といいます。

特別に立春にいただくものと
限定したものではありませんが

春をあらわすお菓子として
「さくら餅」「うぐいす餅」は人気があります。

また、あの伊勢名物の赤福からは
「立春大福餅」が2月の朔日餅として販売されています。

立春の日に美味しいお茶と一緒に
朝生菓子をいただいてみてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
Google検索
サイト内検索
カテゴリー
最近の投稿
人気記事一覧
アーカイブ
メタ情報
スポンサードリンク
google検索
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes