知りたがり

知りたがり.COM~気になる話題、チェックしてみた!

ガンプラW杯 過去の日本代表は?

スポンサード リンク

LINEで送る
[`yahoo` not found]

 

ガンプラW杯とは
ガンプラビルダーズワールドカップのことで
バンダイが主催しています。

 

ガンプラとはガンダムのプラモデルのことで
ガンプラを工作や塗装技術
アイデアなどを競う国際大会です。

2011年より始まったガンプラW杯。
2013年には、世界13の国と地域
(日本、中国、韓国、台湾、香港、タイ、シンガポール、マレーシア
フィリピン、インドネシア、オーストラリア、北米、イタリア )
から参加しています。

 

それぞれ予選を勝ち抜いた各国代表が、世界一決定戦に進出し
チャンピオンの称号を懸けて激突しています。

 

テレビのドキュメント番組
今までプラモデルの経験が無かった主婦や
カリスマガンプラ製作者にスポットを当てた番組がありました。

ガンプラに興味がない私でも
そのクオリティーの高さには目を見張るものがありました。

 

この動画↓は2012年の世界大会の時のもののようです。
素晴らしいのでぜひ、見てみてください。

 



 

2013年のガンプラW杯日本代表
14歳以下のジュニアコースでは畑めいさんの作品「人の子個々の光」。
15歳以上のオープンコースでは山内俊平さんの作品「宇宙世紀最強の機体」が
日本代表に決定しました。
畑めいさんは、3連覇なのでかなりの有名人です。

 

まだ3回目と歴史は浅いガンプラW杯ですが
2011年、2012年の日本代表は以下の通りです。

2012年日本代表

オープンコースでは、六笠勝弘さんの作品「Jupiterian」

ジュニアコースでは、畑めいさんの作品「ゴッグの海」

2011年日本代表

オープンコースでは、山口達彦さんの作品「願い」

ジュニアコースでは、畑めいさんが作製した「ザクとの戦い」

2013年の世界大会は、東京で行われる予定です。
日程は2013年12月22日。
場所は「東京・台場の「ガンダムフロント東京」で行われます。

 

「ガンプラEXPO ワールドツアージャパン2013」にて販売されていた
「ガンダムアストレイ」の限定品
「ガンダムフロント東京」にて販売が決定したそうです。
欲しい人は2013年12月21日~販売されるようなので、ぜひ行ってみてください。

 

2011年、2012年と日本代表は入賞を逃していますが
ガンダムは日本を代表するアニメの一つ。
2013年の世界大会ではどうなるのか。
サッカーのW杯も来年と気になりますが
こちらのW杯も気になりますね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
Google検索
サイト内検索
カテゴリー
最近の投稿
人気記事一覧
アーカイブ
メタ情報
スポンサードリンク
google検索
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes