知りたがり

知りたがり.COM~気になる話題、チェックしてみた!

東京マラソン2015の日程とエントリー方法や倍率と抽選に当選する確率を上げる方法。

スポンサード リンク


 

東京マラソン
本格的にマラソンを楽しむ人だけではなく

マラソン初心者であっても
参加してみたくなるマラソン大会ですよね。

2014年の東京マラソンも
テレビで中継はしているし、芸能人も出ているし。

ファンランもありますし。
親子でエントリーもできるようになりました。

東京の名所を巡るようなコースなのも魅力です。

毎年、個性的な被り物をしていたり
名物ランナーがいたり。

沿道では応援パフォーマンスもあちこちであるし
沿道応援に行くだけでも楽しいです。

 

東京マラソン2015の日程は?

2010年の京マラソンから2014年までは
ずっと、2月の第4日曜日に開催されています。

何かの事情が起きない限り。
現時点では2015年の2月22日(日)と憶測できます。

2・2・2とぞろ目ですし覚えやすいですね♪

確実な発表を確認次第。
この記事も追加更新していきますね。


この動画は東京マラソン2014のスタート時のものです。
これだけの人数が一気に動くのは見ていても爽快です。



 

東京マラソン2015のエントリー(申込み)方法と倍率

 

『一般ランナー』

例年、インターネットでまず申込みをしています。

その後、抽選によって当選者が発表されます。

2014年のエントリー期間は
8月1日~8月31日でした。

抽選の倍率ですが

2013年は10.2倍
2014年は10.3倍

当選するのが難しくなっています。

当選確率を上げるためには
プレミアムランナーになるという選択があります。

 

『プレミアムランナー』

プレミアムメンバーになることで
倍率の高い東京マラソンで当選するチャンスが増えます。

プレミアムメンバーなると

先行エントリー   7月1日頃
一般申込      8月1日頃
2次抽選      11月頃

3回のエントリーのチャンスが生まれます。

このため、当選確率があがるのです。

これでも抽選に外れる人もも出てきますが
それでも一般ランナーで応募するより

当選確率はグンと高くなります。

プレミアムメンバーになるには

ONE TOKYOという東京マラソン財団が
運営しているファンクラブがあります。

年会費4200円を支払うことで
プレミアムメンバーになれます。

さらに確実に東京マラソンに参加するためには
チャリティーランナーになる方法もあります。

 

『チャリティーランナー』

名前のイメージで想像つきますか?

寄付金総額が10万円以上。
かつ、東京マラソンに参加希望者。

これが条件でチャリティーランナーになれます。

東京マラソン参加にあたっては
チャリティーランナー用のTシャツを着用して走ります。

先着順で東京マラソンに参加できますので
条件さえ満たして、即、エントリーをすれば

参加できる可能性が一番高いエントリー法です。

2014年の定員は3000人でした。

どうしても東京マラソンに
参加したい理由がある人は

チャリティーランナーになるのが確実ですね。

東京マラソンは当選することが大変です。
自分に合った方法で、ぜひ。
エントリーしてみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. 安達美智夫 より:

    チャリティーランナーとして申し込みたいのですが。一般ランナーの結果後でも間に合うのでしょうか。2014年は、何人位がチャリティーで申し込んだのでしょうか。教えていただきますか?

    • kurochan より:

      足立美智雄さま。コメントありがとうございます。
      チャリティーランナーの申込み人数をということですが2013年の実績しかまだ公開されていないと思います。
      個人申込数  2,250件(寄付のみ35件、チャリティランナー2,215人)
      法人申込数 184社(法人寄付のみ4件、チャリティランナー381人)
      また一般ランナーの結果後に間に合うかということですが、その年によって2次抽選の結果日が違うため間に合うか間に合わないかも定かではありません。
      この程度の情報で申し訳ありませんが、検討なさってみてください。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
Google検索
サイト内検索
カテゴリー
最近の投稿
人気記事一覧
アーカイブ
メタ情報
スポンサードリンク
google検索
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes