知りたがり

知りたがり.COM~気になる話題、チェックしてみた!

春になるとうつ病増える?季節で悪化するうつ病の原因・症状と対策

スポンサード リンク


 

ようやく春らしい日が増えてきました。

春は花粉に困りますが
ポカポカと日差しも心地よく

気分がウキウキしてきますし
今まで茶色の世界だったのに

急に草花も芽吹きはじめて色づき
目も楽しませてくれるようになります。

しかし、聞いたことありませんか?

春になるとうつ病が増える。

なぜ、春はうつ病の症状が出る人が増えたり
うつ病が悪化したりするのでしょうか。

 

春にうつ病の原因・理由

『冬うつからうつ病へ移行』

冬季うつといううつ病がありますが
これは季節性のうつ病です。

冬の間は日照時間が短いことで
セロトニン不足がおきることが
原因と言われていますが

冬季うつの場合は
自然に春先あたりから改善するのが通常です。

しかし、季節限定のうつだったはずなのに
春以降に、うつ病へ移行することもあるようです。

 

『春特有の環境の変化・ストレス』

日本の春世の中が
一気に動き出すイメージではありませんか?

引越し、入学、入社、進級など
春といえば。。の動きが春に集中していますね。

今までの人間関係や環境と離れることで
悲哀感、絶望感などを
強く感じてしまうことがあります。

これがきっかけでうつ病になってしまうことも。

強い不安感を引きずったまま新生活に突入
さらにストレスを感じて
うつ病の症状が悪化していくのだそうです。

 

『季節の変化が春はめまぐるしい』

3月、4月
温かい日があったかと思うと
急に冷え込んだりします。

ちょうどこの季節には「花冷え」という
美しい言葉もありますね。

すでに半袖でもよいのではないか。
という日が今年もありましたが

これを書いている今日は寒く感じる日です。

この気温の変化が体にはストレスだといいます。

私たちの体内の環境を保っているのは自律神経です。

自律神経は気温の上下に対応するために
必死に動くそうですが

もともと自律神経の動きは弱い人
ホルモンバランスで不調を感じやすい女性

春のこの気温の上下だけでも
自律神経の機能不全に陥りやすいのです。

自律神経がうまく機能しなくなってくると
イライラ、不安、憂鬱感、焦りなど。

確かにこの症状は一般的な
うつ病の症状の一部ですね。

うつ病の症状と原因 芸能人にも多いうつ病の原因とは。

 

春に悪化したうつ病の対策・治療法は?

一般的なうつ病と対策治療法
ほぼ同じと思えばよいでしょう。

うつ病の症状が出てくると
何もしたくない。
めんどくさい。

と家の中で移動することもできなくなります。

そこまで症状が酷いならば
まずは病院に行くべきでしょう。

もしまだ、仕事や学校も行けて
日常生活を送るのが辛い。

という人で病院に
行く前になにかできないかと考えているのでしたら

確実にしなければいけないことは

規則正しい生活を送ること。

だと思います。

ストレスを感じるものはなるべく
生活の中から除外するのも良いと思います。

除外できない・除外したとしてもつらいときには
とにかくストレス発散法を試みましょう。

運動して汗をかいたり
カラオケなどで声を出して発散したり。

今までスッキリできたもの
積極的に行ってみるのは必要だと思います。

リラックスするために好きな音楽を聞いてゆったりしたり
アロマなどを使うのも良いでしょう。

心療内科へ行くのが
抵抗あるという人は多いのですが

軽い薬を出してもらうだけで
嘘のように体も心も元気になることもあります。

私の考えでは、薬に依存してはいけないと思います。

しかし薬も使い方によっては
その一時のとてつもない辛さを改善するのに
とても重宝することもあるのです。

心療内科の薬を怖いと思っている人は

最初に処方箋を出してもらう時に
常用性のある薬は避けてほしい
医師に申し出た方が良いでしょう。

先に書いた軽めの薬でも
体に合えば信じられないほど、その辛さが改善しますから

あまりにも辛いと感じたら
まずは心療内科へ行ってみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
Google検索
サイト内検索
カテゴリー
最近の投稿
人気記事一覧
アーカイブ
メタ情報
スポンサードリンク
google検索
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes