知りたがり

知りたがり.COM~気になる話題、チェックしてみた!

またロシアに隕石落下!隕石落下で人類滅亡の可能性は?隕石の大きさは?

スポンサード リンク

LINEで送る
[`yahoo` not found]

 

ロシアで隕石がまた落ちてきた
動画がUPされ、ニュースになっています。

今回の隕石はどこかに落ちたとか。
衝撃派で建物や窓ガラスなどが壊れた等の
報道は今のところありません。

単に車載カメラが夜空を横切る
目もくらむようなまばゆい閃光を捉えたそうで。
撮影の日付は2014年の4月19日となっていますね。



ロシアの隕石落下といえばロシア南部に隕石が落下し
1000人を超えるケガ人を出し
現実の隕石落下が記憶に新しいです。

あれは2013年2月15日のこと。

テレビのニュースでも多く取り上げ
ネットでもUFO絡みの噂まで出現しNHKでも特集番組がありました。

衝撃波で家屋や屋根、ガラス窓が数多く破損し
ケガ人も多かったため
隕石の破壊力にビビったというのが正直なところでした。

9月には隕石の本体が湖から引き揚げられ
その本体の大きさは直径50~90cm
重さは約600㎏とニュースに。

2013年のロシアの隕石落下の衝撃は
例えるならば広島の原子爆弾
約30個分のエネルギーだったそうです。

落ちる場所が大都市だったならば。。。
と想像するとかなり隕石もヤバいということですね。

そもそも空から危険が降ってくる
思って生きていませんから。^^;

恐竜絶滅の原因は巨大隕石の衝突だったとする
「隕石衝突説」もあります。

現実にとんでもない巨大な隕石
地球に衝突したとしたら。

人類滅亡の可能性もあるのかもしれない・・。
ということは想像つきやすいですね。

 

隕石とは?その衝撃のエネルギーや衝突の可能性

隕石とは地表に落下した天体のこと。
彗星や小惑星の破片、宇宙の塵などを総称します。

隕石は大気圏に突入すると
大気中で蒸発するか爆発するのがほとんど。
ある程度の大きさの隕石でないと
地球の地表に衝突する可能性は低くなります。

とはいえ、NASAの資料をもとにしたとする
隕石の直径と衝突の可能性の周期・衝撃エネルギーは以下のようになるそうです。
※衝撃エネルギーは広島型原爆換算

・直径3m … 1か月に1回  …  0.05個
・直径15m … 10年に1回  …   10個
・直径100m … 1千年に1回 …  2,500個
・直径10km … 1億年に1回 …  50億個

もしも巨大隕石が衝突したら

ちなみに恐竜の絶滅の原因になったといわれている
隕石衝突説での隕石の直径は10㎞前後という話が多いです。

ようするに1億年に1回くらいの
確率と言われている隕石が恐竜を絶滅させたということです。

動画でこんなものがありました。
6500万年前の隕石衝突時の地球を再現となっています。



かなりオーバーな部分もあるような気もしますが。
可能性の話として見ておくのは良いでしょうね。

 

地球(人類)滅亡させる隕石の可能性と確率

で?結局、巨大隕石が落下してきて
地球や人類を滅亡させる可能性はあるの?

確率にしたらどのくらいなの?

ということになりますが。

地球を滅亡させる隕石の大きさの目安として
直径1㎞の隕石の衝突
人類の半数が滅亡という話があります。

しかも1㎞級の小惑星
発見されていないものが1000個以上ある。
という推定もあるそうです ^^;

そして。
その直径1㎞以上の巨大隕石が
私たちの生きている21世紀中
地球を直撃する確率は5000分の1という発表も。

怖がっていても仕方がないことですが
落下地点によっては大きな影響を受けることに。

Xデーと言われる類のものを見聞きすると
回避できない事柄も多いと感じますね。

不安になってもダメなときはダメなんだと。
私は思っています。苦笑

天変地異同様、隕石で危険な目に遭う可能性はないとはいえませんね。

でも、日常での対策らしきことってさほどなさそうですから。
(地下シェルターとか?笑)
今を大事に生きることくらいしかできなさそうです^^;


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
Google検索
サイト内検索
カテゴリー
最近の投稿
人気記事一覧
アーカイブ
メタ情報
スポンサードリンク
google検索
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes