知りたがり

知りたがり.COM~気になる話題、チェックしてみた!

高熱が出た!インフルエンザ?でも、慌てて家にある解熱剤を飲むのは危険です!

スポンサード リンク


 

インフルエンザは潜伏期間も比較的短く
体の節々が痛くなって一気にが上がりますよね。

私のインフルエンザの記憶はかなり前ですが
ひたすら痛いし熱いし、けがわからなくなっていました。

最近こそ、インフルエンザで出勤しようものなら
即帰れと怒られるのも普通になってきたので

熱の原因がインフルエンザ?と思ったら
堂々と会社も休めるようになってきました。笑

しかし出勤せずとも病院に行くのがしんどいので
家にある解熱剤を飲みたくなりますよね。

子供も顔を真っ赤にしてうなされているのを見て
病院に行く前に家にある解熱剤を飲ませてあげたくなります。

が!インフルエンザに解熱剤は気を付けないと
大変なことになる可能性があるそうです。

 

解熱剤は、安易に使うべきではないのです。その理由とは?

インフルエンザをはじめとするウィルスや
細菌類に感染
したとき

高熱があまりに辛いし
熱が続くのは悪いことだと感じるかもしれません。

でも、熱が出るというのは
免疫機能がウィルスや細菌と戦いやっつけるために
発熱
しているのです。

ですから解熱剤で熱を下げるというのは
ウィルスや細菌の消滅を遅らせてしまうということ。

解熱剤はあくまでも熱を下げて
辛い症状を緩和するためのものですから

解熱剤はインフルエンザなどの
病気を治してくれるわけではありません。

病院で処方されるときに解熱剤の飲み方も
医師から説明を受けていると思いますので

解熱剤の飲み方は、風邪などの発熱であっても
気を付けた方が良いのです。

発熱時はなるべく体を冷やさないようにして
熱はどんどん出した方が良い。


というのはこういう理由なのです。

高熱があまりに辛いときのみに解熱剤は飲む。
それは意識したほうが良いということですね。

ちなみに日本ほど解熱剤や抗生物質を使う国は他にはないそうですね。
風邪どころかインフルエンザも自然治癒に徹する国が多いそうです。

 

インフルエンザのときは特に自己判断で解熱剤を飲むのはNG

インフルエンザを発症すると
風邪の症状が酷くなったような状態になりますね。

高熱や体の節々の痛み、のどの痛み。
頭痛や吐き気がある人もいます。

でも、それだけではなく怖いのは「脳症」と「ライ症候群」です。

私の住まいの近くでも4歳のお子さんが
数年前にインフルエンザから脳症になり亡くなられました。

インフルエンザの症状が強く出ていた
お姉ちゃんに気を取られていたら
弟である4歳の男の子が倒れていたそうです。

脳症になりやすいのは
小学校低学年以下の幼少児と言われていますが
大人でも脳症を発症することがあるそうです。

そして「脳症」や「ライ症候群」を誘発する可能性がある解熱剤があるのです。

インフルエンザの場合
NSAIDsと呼ばれる解熱剤の一部が禁忌の薬とされています。

非ステロイド性抗炎症薬のことです。
具体的には
 
・ジクロフェナクナトリウム⇒ボルタレンなど

・メフェナム酸⇒ポンタールなど

・アスピリン(アセチルサリチル酸)⇒バファリンなどのアスピリン系
 

アスピリン系の消炎鎮痛剤は
ライ症候群という病気を引き起こす可能性があります。

医師が線引きをはっきりさせているのはここまでのようです。

私が良く使う「ロキソニン」
医師は比較的、インフルエンザのときには処方する鎮痛・解熱剤のようです。

ただロキソニンは鎮痛作用も強いですが
解熱作用も強いそうです。

余談ですが

私はどうにもならない痛みがありときに
ロキソニンは手放せないでいるので
鎮痛剤としてはかなり効果が高いことを実感しています。

ようするに鎮痛・解熱作用が強いロキソニンの場合は
ウィルスの活動を弱めるのが遅れる可能性もあるということ。

またイブプロフェン系の鎮痛剤
処方されることがあります。

ただ小さな子供の場合は例外です。

 

インフルエンザのときに安全と言われている解熱剤

インフルエンザに解熱剤を使用する際に
安全と言われているのは「アセトアミノフェン系」の解熱剤です。

「カロナール」「タイレノール」がこれです。

緩やかに効いていくという説明を
カロナールで、薬剤師にしてもらったことがあります。

ようするに若干、解熱の効果も弱めなのだそうですが

特に子供には、アセトアミノフェン系の
鎮痛剤を選ぶようです。

解熱剤に限らず、薬は自己判断で使うことは
決しておすすめできません。

どうしても病院に行けない場合は
主治医に電話をして確認するのもアリです。

また、薬局の薬剤師さんも当然プロです。
わからないことは相談してから薬は使うのが良いですよ。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
Google検索
サイト内検索
カテゴリー
最近の投稿
人気記事一覧
アーカイブ
メタ情報
スポンサードリンク
google検索
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes