知りたがり

知りたがり.COM~気になる話題、チェックしてみた!

うろこ雲って何かの前兆現象なのか。うろこ雲は地震雲?

スポンサード リンク

LINEで送る
[`yahoo` not found]

 

空を見上げるとポコポコした雲がびっしり!
うろこ雲っていうんだっけ??
なにこれ。まずいんじゃないの?!

まさか地震雲?!!

うろこ雲は、規則性があるように見える雲が空一面びっしりなので。

不安になったりするんですよね。

このうろこ雲の正体は、巻積雲(けんせきうん)

 

この動画は、ひたすらうろこ雲の動画です。
(BGMありますので、音に注意です。)
ここまで空一面がうろこ雲だと、見応えありますね。

 



 

巻積雲の俗称さば雲」「いわし雲」「うろこ雲」と呼ぶそうです。

どれも聞いたことありますし、けど見分けつかないですね ^^;

見た目の特徴で区別するだけで、特にその区別に定義もないそうです。笑

・さば雲はさばのボディーの柄に見えるからさば雲。
・いわし雲はいわしの大群が泳いでいるように見えるからいわし雲。


だそうです。^^;

ならば、うろこ雲といっておけば間違いないと解釈してしまった私は
間違っているでしょうか?苦笑

巻積雲は温暖前線や熱帯低気圧が近づいた時に出やすいそうで。
ようするに、雨が近くなると出やすくなる。

雨の前兆といえそうですね。

秋に多いイメージのうろこ雲ですが、気象条件が整えば
いつでも見ることができるということです。

気になる地震の前兆についてですが
ちゃんと改めて調べてみても
うろこ雲は地震の前兆とはいえないというのが答えでした。

 

そもそも地震雲ってなに?

 

地震雲と一口にいいますが。
公的機関や学術団体は「地震雲」は認めていないんですね。

ようするに科学的な説明が未だ明確にされていないのが地震雲です。

地震雲研究は鍵田忠三郎氏日本では初めてと言われています。

鍵田忠三郎氏は「雲は必ず地震を予知させてくれる」と公言し
1978年の宮城県沖地震をはじめ、大地震を的中させています。

著書『これが地震雲だ-雲はウソをつかない』では

青空に出る白帯状の雲
石垣状の雲
足のない入道雲
レンズ状の雲
一点の雲
綿状の白旗雲
縄状の雲
白い蛇が横たわったような雲
断層状の地震雲

などを地震雲として挙げています。

現在でも研究を熱心にしている研究者は多く
地震予知掲示板地震雲掲示板

また自身のブログで毎日のように
雲の画像をUPしている方もいます。

衛星画像の雲の形状やその変化などをチェックしながら
独自の地震予知を研究している方もいます。

私もスマトラ沖大地震から
地震の前兆現象を調べるようになりました。

おかげで空も
毎日、見上げる癖がついています。笑

地震雲について私が思うのは雲は判定が難しいです。

例えば飛行機雲を見ても、その雲の広がり方などで
形状が変化していくので
「地震雲だ!」と思ってしまうくらいです。笑

ですから、あまり神経質に考えない方がいいと思います。

「この雲がでたら数時間以内に大きな地震がある。」
くらいはっきりしたデータがあって
その雲の形状も誰が見てもわかるものならいいのですがねぇ。

でもいつか。
どんなデータからでもよいので。

精度の高い地震予知が実現してほしいですね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
Google検索
サイト内検索
カテゴリー
最近の投稿
人気記事一覧
アーカイブ
メタ情報
スポンサードリンク
google検索
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes