知りたがり

知りたがり.COM~気になる話題、チェックしてみた!

静電気体質かも?!改善策や対策を知ればあなたも静電気知らず♪

スポンサード リンク


 

冬になると必ず起きるバチッ!

車から降りてドアを閉めるとき。

服の着脱時や家のドアノブにバチ!!

静電気は、子供のころ下敷きを頭にこすりつけて
髪の毛を逆立てて喜んでいましたが。笑

日常的にくるバチッ!ビリッ!は嫌ですね。

 

静電気が起きる原因(理由)

 

まず知っておきたいのが
静電気は動かないものには発生しないのです。

どんな物質にも必ず電気が存在しているのですが
電気といえば「プラス」と「マイナス」ですよね。

通常時は「プラス」と「マイナス」の電子は安定しているのですが
物が動いたときなどに起きる摩擦などによって電子が移動してしまうんです。

この時に動くのは「マイナス」の電子。
プラスの電子を残した状態を「帯電状態」といいます。

帯電した状態で金属などの電気を通しやすい物質に
触ったときに放電がおきるのです。

 

この動画は、静電気発生装置でわざと静電気を作り
放電させる様子を見ることができます。
髪の毛の総立ちに注目!!笑

 



 

良い子の皆さんは絶対にマネしないでくださいね!笑

 

静電気が起きやすい温度と湿度

 

夏は静電気が起きにくいといいますよね。

これは、湿度と温度がが関係しているんです。

湿度が20%以下温度は25度以下になると
静電気が起きやすいといわれています。

うちの犬を車に乗せると、車のシートに座っているだけなのに
すでに耳の毛などが逆立っていることが頻繁に起きます。笑

冬の車内はエアコンもつけますから、湿度がものすごく低いのでしょうね。

静電気だけではなく、乾燥しすぎると
人間だって喉や鼻にダメージを起こしやすくなります。

そこで我が家では、水を入れたスプレーを一緒に持っていきます。
フロアマットなどに、スプレーをしておくだけ
静電気で逆立っている犬の毛が元通りになります。笑

湿度をあげるだけでずいぶん静電気は起きにくくなるんです。

室内にいるときも加湿を心がけるだけでかなり静電気は改善しますよ。

 

静電気体質は本当にあるのか?

 

自分は静電気体質だから・・。

良く聞きます。
はい。私も良く言ってます。笑

けど、以前テレビで医師が説明しているのを見ましたし
その後調べてみたのですが
静電気体質というのは科学的根拠はないらしいのですよ。

そうなの?!!
と思わず声が出てしまいました。

が・・
静電気体質の科学的根拠はないのですが
帯電しやすい身体を作ることはあるのだそうです。

食生活や生活リズムの乱れによって、体はバランスを崩します。

バランスを崩した体は、弱アルカリ性から酸性に傾きます。

体が酸性化しはじめると
体内のイオンのバランスも崩れてしまう。

そのために帯電しやすくなるのだそうです。

帯電しやすい状態になった体は
一時良く耳にした「ドロドロ血液」になっているので

わかりやすい体調不良であれば
「冷え性」「肩こり」「腰痛」などがある人に
静電気が良く起きるのだそうです。

言われてみれば私も強烈な肩こり持ちです。
体が酸性に寄っているのかもしれません。

他にも衣類の組み合わせなどで静電気が
起きやすくなることもあるようです。

 

上手くバチ!無しで放電する方法。

 

金属などの電気を通しやすいものに触れた時にバチ!ビリ!ときますね。

実は他のビリ!がこない素材に触れても、小さく放電しています。

大きなショックを受けずにうまく放電すれば
静電気の嫌なバチ!はなくなりますから

車から降りてドアに触れる前に車のシートに
手のひらをタッチしたり

家のドアノブを触る前に、玄関のドアに手のひらをあてる
バチ!なしで静電気が逃げて行ってくれますよ。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
Google検索
サイト内検索
カテゴリー
最近の投稿
人気記事一覧
アーカイブ
メタ情報
スポンサードリンク
google検索
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes