知りたがり

知りたがり.COM~気になる話題、チェックしてみた!

フィギアスケート 全日本選手権2013の結果とソチオリンピッグ選考結果。高橋大輔と村上佳奈子の涙に感動。

スポンサード リンク

LINEで送る
[`yahoo` not found]

 

全日本選手権2013は本当にすごい試合でしたね。
全体的に完成度が高かったです。

オリンピックがかかっているという緊張感も手伝ってだったのか。
見ているほうもハラハラドキドキでした。

 

全日本選手権2013の結果

 

『男子フィギア』

1位 羽生結弦
2位 町田樹
3位 小塚崇彦

 

『女子フィギア』

1位 鈴木明子
2位 村上佳奈子
3位 浅田真央

 

今回男子フィギアのトップの羽生結弦選手
氷上の王子と呼びたくなるほど美しかったです。

羽生選手のファンは年配の女性が多いと
聞きますががこれは納得です。

羽生選手の強さは311の被災の経験からなにか
一つ上の覚悟を心に持ったのかもしれない。
そう感じさせる成長です。

世界に訴えるほどの高得点を獲得。
メダルもいけるのでは?とつい期待してしまいます。

 

女子フィギアの鈴木明子選手
「ソチオリンピッグを目指してやることはやった。」
と、十字を切ってからの滑走。

こんなに鈴木選手は表現力もあったのかと。
彼女の世界に引き込まれてしまいました。

全日本選手権の鈴木選手は本当に美しかったです。

拒食症を乗り越え、諦めずにフィギアスケートを続けてきた鈴木選手。
彼女もまた肝が据わっている強さを感じましたね。

 

ソチオリンピッグ選考結果

実質は全日本選手権がオリンピッグと言われるほど
今の日本のフィギアスケートのレベルは高いそうです。

若手の成長も勢いを感じて頼もしくも感じる大会でしたね。

またママになったとはいえ安藤美樹選手
もしかしたらママになってもオリンピックを実現するのでは?
との期待しているファンも多かったでしょう。

母の柔らかいまなざしをたびたび表情に見せるようになったも彼女に
気が付いたのは、私だけではないはずです。

全体的に2013年の全日本選手権は
若手の成長を感じる大会でした。

 

ソチオリンピックの選考結果も出るまでに
時間もかかっていたようです。

 

『男子フィギア』

羽生結弦
町田樹
高橋大輔

 

『女子フィギア』

鈴木明子
浅田真央
村上佳奈子

 

『アイスダンス』

 

キャシー・リード、クリス・リード組

 

『ペア』

高橋成美、木原龍一組

 

やはり今までの日本のフィギアを背負ってきた
高橋大輔選手が、全日本選手権では怪我の影響もあり芳しくなく
つい、一緒に涙してしまうほど
つらい気持ちになるインタビュー場面もありました。

結果的に高橋選手は実績の点でソチオリンピック選考で
選出されたということになります。

本来の高橋大輔選手の魅力を存分にソチで見せてもらいたいですね。

個人的に印象深い表情と滑りを見せてくれた選手は村上佳奈子選手

不調だった1年をひたすらプレッシャーに耐え
ただただ練習の毎日だったそうです。
ショートプログラムを終えたときに
クシャクシャの顔になり泣き出した村上選手
本当に真っ直ぐで心を揺さぶられました。

 

彼らの日々の努力と思いを生生しく感じることができ
あれだけ気持ちが爆発する涙を流したのは
いつっきりだろう?と甘酸っぱい気持ちにさえなります。

日本のフィギア界はこれからもまだまだ伸びそうです。

ソチオリンピックも彼らは熱くしてくれることでしょう。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
Google検索
サイト内検索
カテゴリー
最近の投稿
人気記事一覧
アーカイブ
メタ情報
スポンサードリンク
google検索
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes