知りたがり

知りたがり.COM~気になる話題、チェックしてみた!

2月14日バレンタインデーの起源(由来)は、バレンタインの処刑の日?!

スポンサード リンク


 

バレンタインはいつですか?
と聞いて答えられない人は
ほぼいないでしょう。笑

バレンタインデーは毎年2月14日ですね。

世界的に男女の愛のためにある愛の誓いの日です。

日本では女性から男性へ愛を告白する日とされており
バレンタインデーにはチョコレートが定番になっています。

では、バレンタインデーは世界のどこから生まれたのでしょうか。

実は残酷な史実が背景にはあるようです。

 

バレンタインデーの起源

バレンタインデーの起源は聖バレンティヌスが殉教した日。
聖バレンティヌスは英語で読むとヴァレンタインなのだそうです。

ここからは聖バレンティヌスをヴァレンタインと呼びます。
3世紀のローマ時代のことです。
この時のローマ皇帝はクラウディウス2世。

ヴァレンタインはキリスト教司祭でした。

当時のローマでは2月15日はルぺルカリア祭という
豊作を祈願する祭日。

 

0dbbade221d22c7fc6aac2c1c8471336_s

 

その前日の2月14日
若い娘たちは自分の名前を
書き込んだ札を桶にいれるのだそうです。

ルぺルカリア祭の当日に
男たちは、その桶から札を引く。

その札には娘の名前が書かれています。

札を引いた男と娘はルぺルカリア祭の
パートナーとして一緒に行動します。

そしてそのまま結婚するというのが習慣だったそうです。

けど、その札を引く男たちの中に
兵士は入っていませんでした。

クラウディウス2世は男たちに
家族を作らせなければ

男たちは自らすすんで軍隊に入隊し
強い軍隊をつくることができると考えていたのです。

当時、キリスト教はローマ帝国において
新興宗教でしたが

キリスト教の博愛の精神を
なんとかローマに伝えたいと奔走していた
ヴァレンタインは

兵士に結婚が認められない現実に矛盾を感じ
兵士たちの思いを聞き入れて
多くのカップルを教会で結婚させたのです。

これが軍隊に見つかり
ヴァレンタインは、投獄され死刑を宣告されます。

処刑の日は、ルペルカリア祭の前日である
2月14日が敢えて選ばれました。

ヴァレンタインはペルカリア祭に捧げる生贄とされたのです。

人々はヴァレンタインの死を悼み
キリスト教徒の間では
ヴァレンタインも聖人となります。

処刑された2月14日は「恋人たちの日」となり
セント・バレンタインデーと呼ばれるようになったそうです。

これがバレンタインデーの由来です。

 

他にもバレンタインの由来には諸説ある。

上で紹介したヴァレンタインのお話は
一般的に言われているです。

けど、やはり歴史の話になりますから諸説あるんですね。

目の見えない少女が登場する話もあります。

その少女に処刑のときにヴァレンタインはカードを送ります。

そこには「Love from your Valentine」
と書かれており

「あなたのバレンタインより愛をこめて」となります。

このメッセージから愛を伝える日
となったという説もあります。
ヴァレンタインは実際に存在した人で
残酷にも処刑されたわけですが

どの説にしても、ヴァレンタインの愛を
讃える日ということなのでしょうね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
Google検索
サイト内検索
カテゴリー
最近の投稿
人気記事一覧
アーカイブ
メタ情報
スポンサードリンク
google検索
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes