知りたがり

知りたがり.COM~気になる話題、チェックしてみた!

節分になぜ豆を撒くの?豆まきの意味や歳の数だけ豆を食べる理由をまとめてみた。

スポンサード リンク

LINEで送る
[`yahoo` not found]

 

節分と言われてすぐに思い浮かぶのは豆まき

子供のころ、節分になると

「鬼は外!福は内!」

言いながら庭に向かって豆をまきました。

099dcab4e380310472acf1b6bc20d4e5_s

「福は内!」のときには

「内」は「家?」と思って母と相談して
家の中にもまきました。笑

きっとこれは間違いだと思います。^^;

 

節分とは何かを知ろう。

節分とは季節を分ける節目にあたる日のことで
もともとは1年に4回ありました。

「立春」「立夏」「立秋」「立冬」前日元来の節分です。

現在、節分といえば立春の前日」を指します。

これは旧暦では立春が年の始まりであり
節分である2月3日は大晦日となります。

新年を迎える前の大事な節目の日であるため
節分となったようです。

また1月20日頃から「大寒」になりますが
立春の前日にある「節分」
「寒の明け」となります。

寒の入りと寒の明け。その時期は?「寒中」とつくものもチェックしてみた。(動画あり)

 

ようするに新しく春が始まる大切な時期であり
そこからも「節分」は立春の前日をさすようになったそうです。

 

 

節分に豆をまく。なぜ豆なのか。

節分の豆といえば「大豆」

なぜ豆であり、大豆なのか。
良く考えると不思議ですよね。

ちなみに「落花生」を撒く地域もあるそで。
その地域は北海道、東北、信越地方。

鹿児島県や宮崎県でも落花生を撒くところがあるそうです。

a8de3720b2ba269dc240c372bf2da6ec_s

私は千葉育ちです。

千葉は落花生の生産高が日本一。
畑など近くになくても
落花生は本当にどこにでもよく売られていて
家には必ずあるおやつでした。

落花生がとことん身近にあった私ですが
落花生を撒くということ自体を始めて知りました。^^;

さて。話を戻しましょう。笑

日本では「五穀」のひとつである大豆には
「穀霊が宿る」と言われています。

米よりも粒が大きいために
邪気を払う力があると考えられていたそうです。

「魔の目」と言い換えられますね。
鬼の目にぶつけることで
魔滅(まめ)になるのだそうです。

節分用の豆は炒ったものを用意します。
これを「福豆」と呼びます。

炒った豆を使うのにも理由があるそうで

撒いた生豆から芽が出ると縁起が悪いから
ということのようです。

炒る=射るで、魔の目を射る

語呂合わせでも繋がってしまう節分の秘密。
知れば知るほど感心してしまいます。

日本語って素晴らしいですね!笑

 

 

歳の数だけ豆を食べる理由

先に書きましたが、2月3日は旧暦では
大晦日にあたる日でした。

歳の数だけといっても
その数は数え年で今現在の年齢にプラス1

ひとつ多くに食べるのが本当の節分の豆の食べ方です。

火で炒った豆は邪気を払った豆であり魔滅ですね。

魔=鬼ですから豆は鬼そのものといえます。

その豆を食べのは
鬼退治をするために豆を食べるのです。

また火で炒った豆は「福豆」と呼ばれています。
福を年の数だけ体の中に入れることで

翌年も健康で幸せに過ごせますように。

という意味があるのだそうです。

ちなみに現代ではスーパーやコンビニで
当たり前に並んでいる節分用の豆

「福豆」などのネーミングで販売されていますね。

鬼のお面がおまけについていたりするので
家庭ではお父さんが鬼役になったりしますね。

けど、元来は家長である父親年男
豆を撒いて鬼を追い払うものだったそうです。

今年の節分では元来の伝統に学び
お父さんだけが豆まきをし

子供たちは歳の数だけ豆を食べるという
元来の豆まきをしてみるのも良いですね。

子供たちがおとなしく従ってくれれば・・。
の話ですが。^^;


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
Google検索
サイト内検索
カテゴリー
最近の投稿
人気記事一覧
アーカイブ
メタ情報
スポンサードリンク
google検索
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes